スポーティなエンジン

3シリーズのボディを使用しているものの、このM日は完全なスポーツカーである。パワーは195馬力と、国産スポーティカー以下だが、これほどドライバーの意思に忠実に従ってくれるクルマは、日本にはない。ア秘グー、オーバー、云-トラル、そのどれもが自由自在に選べるスーパーコーナリングマシン。M3に搭赦されている4気筒2.3Jエンジンは、前モデルの318に搭載されていたエンジンをベースにチユーニングされたものだ。すなわち、F2に使用されていたものと親戚ということになる。このような素性を持っているから、もちろんすばらしくスポーティなエンジンだ。アイドリングは現在のレベルでみるとややラフな振動が多い。しかし、少しでもアクセルを踏み込もうものなら、信じられないくらい敏感に反応する。(米) パワーは3000回転くらいから盛り上がり始め、4000回転からは本格的ドライバーカ要求するとおりにこのM3はコーナIノングしてくれるなピークを迎える。それが6000回転を超えるまで続き、うまく慣らしのできたエンジンだったら7000回転近くまでパワーの落ち込みはない。あなたのM3のエンジンの調子がよいかどうかは、7000回転付近まで軽く回るかどうかで判断できるだろう。レースのために開発された4気筒DOHCエンジンのパワーは195馬力だカミアクセルレスポンスがすばらしい。マイカーへの愛はありますか?なくなっちゃったら、中古車 高く売る ←こちらへどうぞ。

DY059_L

ペダルストローク

しかし、キックダウンなどをして急にパワーをかけすぎてしまった場合には、735iとは異葱り、簡単にドリフトし始めてしまう。特に、ウェット路面やきついコーナーでの急激なアクセルオンは避けるべきだろう。この750iLのアクセルペダルは通常のクルマとは異なり、機械式にインジェクションをコントロールするのではなく、電気信号によって制御しているのだ。これをEML(電子制御エンジン出力コントロール)という。この750iLには他のBMWとはちょっと鵲異なるブレーキが装着されていることも覚えておいてほしい。普通のクルマのようにバキュームを使った倍力方式ではなく、油圧を使った倍力方式を採用しているのだ。この油圧式のブレーキは、ペダルストロークが少ないのが特徴だ。このクルマの場合には、違和感のないように多少ストロークを設けてあるが、ガッンと強力に効くことには変わりない。だから、どこからガッンと効くのかを足に覚えさせることが必要だ。これさえ覚えれば、こんなにコントロールしやすいブレーキはない。ロングホイールベースだけあって、とにかく室内は広し%しかし、廻云しても楽しいのはさすがだ油圧サーボ式のブレーキは世界の高級車にも採用されている。基本的な性能は高いのだが、ガツンという独特の効きかたを嫌うメーカーも多い。一般的に、6気筒よりも4気筒の方がクランクシャフトが短いぶん、アクセル操作に対するエンジンのレスポンス(反応)はよい。その中でもこのエンジンは特篭もんのすばらしさ。 古くなった車、高く売りたいなら、←まずはこちらをご覧ください。

DY071_L

エンジンの出力

これは、駆動輪の空転をキヤッチすると、エンジンの出力を絞るメカニズムである。過大なホイールスピンはリァタイヤの横流れを誘発し、安定した加速を得られないばかりか、コーナーではスピンにつながる。ASCがあれば、このようなことにはならない。雪道などでの発進に威力を発揮するわけだ。この750iLを市街地で運転するときには、あまり発進時にア(米) クセルを深く踏み込まない方がよいだろう。初めはせいぜい1m程度の踏み込みでいい。少しクルマが動き出したらグイッと踏み込んでもよい。これがこのクルマをスムーズかつ速く走らせるコツだ。750iLを操ってゴルフ場へ向かうときなど、空いているワインディングロードを走り抜けていくことも多いだろう。そんなとき、このクルマは外観の大きさからは信じられないような軽快なフットワークを見せてくれる。こういう場面では、あなたはただ自分の行きたい方向にステアリングを切りさえすればよい。そのとき、予想以上にきついコーナーであることがわかったらア(米) クセルを少し戻し気味にし、緩いコーナーであることがわかったらアクセルを踏んでやろう。ただし、基本的にはコーナリング中のアクセルの踏み方は一定がいいことも覚えておいてほしい。もし、アクセルをどんどん踏んでいったとしても、基禾的には弱いアンダーステァに終始するから心配はいらない。車の売買をお考えなら→まずはこちらからどうぞ。

DY082_L

加速力

300馬力という強力パワーをどう扱うかがこのクルマをコントロールする鍵だ。BMWのフラッグシップが、この750iLだ。ハイテクを駆使して作られたV型12気筒は、5lという大排気量ながら240kgという超軽量に仕上がっている。しかしパワー、トルクはそれぞれ300馬力/5200回転、45・9kgm、/4100回転という強大さだ。このピッグパワーをどう扱うかが750iLをコントロールする鍵である。まず、オートマチックトランスミッションはEモードをセレクトしてほしい。低速でもあり余るトルクを出すから、Sモードなんかは必要ない。これが装着されていると、ホイールスピンが始まるとエンジンパワーが落ちてホイルスピンを止める。もちろん、その後は通常と同じように再び加速状態に戻る。雨の日などは、アクセルを少し踏むだけでこのASCが働く。④スタート時には、アクセルをめいっぱし踏んではいけなLもあまりの加速Gで同乗者に不快感を与えることもあるからだ。最初は1cmでいい。これがBMWの誇るV型12気筒。300馬力というパワーはもちろん強力ただし、雪道などの滑りやすい路面では、Mモードを選んで3速ホールドにすること。この3速ホールドを使用した発進でも、通常の交通の流れに充分についていける加速力を持っているから、雪道などではラフなアクセルワークは禁物だ。750iLの豪華仕様である750iLハイラインには、ASC(オートマチック・スタピリティ・コントロール)が装着されている。中古車の世界を知りたいなら→こちらがオススメです。

DY084_L

グリップ走行

④211馬力、31.1kgmというパワー、トルクを発生するビッグシックス、3430cG535iよりは遅いカミその違いは信じられないほどごく僅かなものそれは、ステアリングの切り始めのシャープさを最大限利用するもので、まず、コーナー進入時にブレーキングで荷重をフロントタィャにかけておく。そして、スパッと一気にステアリングを切り込む。こうすると、クルマはそれに追従してインを向こうとする。このときの路面状況とスピードにもよるが、これでリァタイャはグリップを失い。ズズッと滑り始めるだろう。後は、低いギアを選び、アクセルでクルマの姿勢をコントロールすればいい。とはいうものの、1.7トンを超えるボディを振り回すのは、みなさんにはあまりにも難しすぎるだろう。このテクニックは路面の似が低い所を走行中に、なんらかの原因によってリアタイャが流れてしまったというときの対処法と考えてもらった方がよいだろう。このクルマもまた、グリップ走行に向いているのだ。一般的にタックインの効くクルマの方がコントロールしやすい。それは、アンダーステアが出たときにアクセルを緩めるというのは、本能的にとる動作だから。後席重視のBMW最高組モデル。ところが、このクルマもBシリーズとまったく同じように運転して楽しいクルマなのだから驚いてしまう。300馬力という超ド級のパワーは、ウエット路面などでは暴力的な面をみせる。車の事をいろいろ知りたいならこちら→まずはここから始めよう。

DY085_L

車の限界

さらに攻め込んでいくと、徐々にアンダーステアが強くなっていく。さすがのフロントタイヤもグリップを失い始め、クルマはコーナーの外側へ膨らんでいってしまうのだ。ここがこのクルマの限界ということになるが、限界といってもどこかに明確な境目があるわけではなく、あくまでも徐々にこの傾向が強まっていくだけだから、ドライバーは安心してよいだろう。もし、フロントタイヤがいうことをきいてくれなくなり始めたら、少しスピードを落としてやればよい。こうするだけで、クルマはまた元のラインを走り始めてくれる。これは、アクセルを一瞬だけ戻すという操作で充分だ。もし、このときにアクセルを戻しっぱなしにしたとしても、よほど滑りやすい路面でもないかぎり、リァタイヤが滑り出すことはない。つまり、タックインはちゃんとするが、あまり強いものではないということだ。このように堂垂心向では、スポーティ派のドライバーは物足りないと感じるかも知れない。しかし、この7シリーズのボディも、やり方によってはリアタイヤを滑らせてドリフト走行することは可能なのである。エンジンパワーは211馬力、トルクも副・1地mもあるわけだから、そんなに遅くはない。ちなみに最高速度は、53の、5iが229師/hなのに対し、225師/hとなっている。装着されるタイヤは、225/60ZR15というサイズ。サスペンションの性能が高いためこのサイズでもまったく問題ない。三度の飯より車が好きなら→こちらから、車に関する情報をご覧ください。

DY087_L

コントロール不能

さらにこの735iを速く走らせたいと思ったら、オートマチックのプログラムをSモードにしておいた方がよいだろう。こうすれば、余計なシフトァップが少なくなり、高い回転を使用することになるから、パワフルに走ってくれる。通常、このように低いギアで走ると、どうしてもクルマにピッチングが発生してしまう。しかし、この735iはトレッドやホイールベースが長いため、少しくらいラフなアクセル操作をしても、あまりボディは揺れない。これが735iLになると、さらにホイールベースが115mも伸びるから、ほとんどピッチングは感じなくなる。だから、Sモードを選んで思いどおりのアクセルワークをすればよい。スピードを上げたかったらアクセルを床まで踏めばよいし、エンジンブレーキが必要になったらスパッと戻せばいい。もちろん、不必要な加減速は同乗者を不快にするだけだが、少なくともクルマの挙動にそのようなアクセルワークが悪影響を与えることはない。通常のコーナリングではへ太いタイヤとよくできたサスペンションのおかげで、他のBMWと同じように、しっかりとしたグリップを感じながら走ることができる。かなり攻めていってもクルマのロールは小さく収まっているし、姿勢が乱れてコントロール不能になることは、まずない。このように大きなボディを持っていても、ステアリングに忠実に曲がってくれるし、フロントタイャは大きく切り込んでいってもなかなかグリップを失わない。車情報ならこちら→お得な買い取りなどなど。

DY088_L

軽快なハンドリング

コーナリング時にリアタイヤが予想以上に流れ出したら、思いっ切りブレーキを踏むというのも手だ。こうすることによってABSが働き、リアタイヤのグリップが回復してくれる。装着されているタイヤは225/60ZR15。これ以上太いタイヤは百害あって一利なしなので注意BMWで最も大きなフルサイズボディを持つセダン。が、これさえもスポーティカー顔負けのドライバーズカーに仕立て上げているBMWの姿勢には脱帽させられる。状況によってはドリフト走行だって可能だ。大柄にもかかわらず、運転することに楽しみを感じることができるクルマ。7シリーズはBMWで一番大きなクルマだ。しかし、こんなピッグサルーンでさえドライバーズカーになっている。735iでもロングホイールベース仕様の735iLでも3シリーズに負けないくらい軽快なハンドリングを持っているのだから、驚いてしまう。535iと同じ3.5Jのビッグシックスは、1.7トンを超えるこの7シリーズのボディを軽々と走らせてくれる。発進時には535iと同じようにシートに体が押しつけられるほどだ。もちろん、データ的には535iよりは遅いが、それでも0.100m/h加速は、・2秒とわずか0.4秒遅いだけに収まっているのだから、立派といえるだろう。これは、車重が535iの1630蛇に対して、わずか卯蛇の増加にとどまっているからだ。車大好きなら→とことん車を楽しんでください。

DY095_L

車の挙動

西ドイツにある有名なサーキット。F1グランプリが開催されたことでも有名で、1周釦師以上もあるという長大なサーキットだ。現在は、入場料を払えば誰でも走ることができる。ABSの性能の高さもこの535iの美点のひとつ。必要な時以外には効かないのでとてもいい。これならブレーキングドリフトも充分可能である。このクルマはアクセルの踏み方によってアンダーステアからオーバーステアまで自由自在にコントロールすることが可能である。なかなか楽しい。この535iもタイヤをあまり幅広のものに交換しない方がいいだろう。これ以上、グリップが強くなったら、ちっとも面白くない操縦性になってしまうから。もちろん、525iと同じように、ステアリング操作に対するクルマの追従性は非常に高いから、もしアンダーステアが出ても、ステアリングを切り足せばことは済む。かなり切り込んでいっても、フロントタイヤはグリップを失わないので心配はない。535iでもうひとつ感心したのは、ABSの性能の高さだ。国産車のABSは、効いてほしくないときにすでに効き始めてしまうものが多いのだが、この5351のそれは、ドライ路面でスキール音がしてもまだ効き始めない。ABSが付いていないのかな、と思い始めるころにちょうど効き出してくれる。危険回避のための装備なのだから、この程度の効きでいいとぼくは思う。あまり早くからABSが効いてしまうと、プレーキングドリフトなど、クルマの挙動をブレーキを使って変えることができなくなってしまうからだ。中古車を買ってほしいなら、←こちらをまず、ご覧ください。

DY104_L

車に誰かを乗せて走るとき

日本で再びこの535iに乗ったとき、はっきりいって驚いた。それは、ヨーロッパで乗ったものよりもパワフルだったからだ。これは、ファイナルギア(デフに入れられているギア)が本国のものとは異なり、発進加速重視のものになっているからだった。信号が青になってアクセルを踏み込むと、51クラスのクルマのような加速Gで体がシートに押しつけられる。このクルマに誰かを乗せて走るときには、アクセルを一気に踏み込んで発進してはいけない。この加速Gは同乗者にはあまりにも過激すぎるからだ。いつもの調子でやっていると、同乗者が首の疲労を訴え始めるかも知れない。搭載されているエンジンは、ビッグシックスと呼ばれる3.51直列6気筒SOHC。その名のとおり、525iの6気筒とはまったく設計の異なる大排気量専用エンジンだ。パワーは211馬力。しかも、他のBMWと同じように高回転まで気持ちよく回ってくれるから、これに不満があるはずがない。いくらエンジンがパワフルだといっても、225/60ZR15という太いタイヤを装着しているから、通常のアクセルワークではワィンディングロードでも、簡単にはリアタイヤはグリップを失わない。もちろん、211馬力のフルパワーを与えてやれば、リアタイヤは滑り出し、クルマはオーパーステァへと姿勢変化していく。しかし、この場合にも、滑り出しはゆっくりだから、冷静にステアリングを操作してやればクルマは簡単に立ち直ってくれる。つまり、アクセルの踏み方ひとつでどのようにでもコントロールできるということなのだ。愛車を高く買って欲しい?それなら、まずは、→こちらをご覧ください。

DY086_L